nook

用途:飲食店
敷地:京都市中京区 / 御池クリニックレディースプラザ
竣工:2022.03
施主:医療法人知音会
本体設計:東洋設計
施工:東急建設
造作:ARC FURNITURE POINT
什器:秋友家具製作室
金物:Bowl Pond Platz
和紙:ハタノワタル
左官:奥野左官
照明計画:ModuleX
意匠照明:newlightpottery
グラフィック:羽生昂太
植栽:Maestro
アートディレクション:金島隆弘
アートワーク:伊藤彩
恊働:アトリエソルト(藤原洋司)+Re+Design Lab(永井克典)
写真:臼井淳一

女性専用の人間ドッククリニックに併設されたレストランの設計である。
京都の人気レストラン・洋食おがた、リストランテ野呂が料理を監修し、
厳選した食材で目と舌を楽しましてくれる。

空間の基本コンセプトはクリニックと同様、
最新医療と相乗効果を生み出し、心身ともに癒やされる場所を目指している。

本施設はクリニックで検診を受けた女性だけでなく、
男性を含む一般客も使用できるレストランとしていることもあり
積極的に外部からの人を招き入れる器としての要素も求められた。

女性的で和のテイストに寄せたおおらかな空気のクリニックとは違い、
マテリアルは自然に近い共通する素材としながらも
馴染みやすい現代的なテイストに設計している。

また、規模の大きな厨房を敢えて客席側に開くことで臨場感と
エンターテイメントの要素をあたえ、外部に開いた大きな窓の外には
アートワーク・内部ディスプレイに共通するテイストの植栽を設置し
意識を自然につなげる事で空間に広がりを与えた。

検査後の女性だけでなく、気軽なランチやディナーでも
非日常的な時間を過ごしてもらえる場所になるだろう。