柳小路 TAKA

用途:飲食店
敷地:京都市
竣工:2016.05
和紙:ハタノワタル
左官:小畑裕昭(イタリア磨き)
恊働:アトリエソルト(藤原洋司)
企画:東組
写真:吉田祥平

東には八坂神社、北へ進むと京都市役所や京都御苑がある、
地元の人間や観光客も必ず使うと言っても過言ではない四条河原町。
繁華街から少し細道に入ると風情ある長屋と柳の木が並ぶ柳小路通り、
そこに柳小路TAKAはある。

世界で活躍されてきたオーナーシェフがこだわりの素材をつかい
「気楽にお酒や食事を楽しめる店を」と立ち上げたパブ様式の飲食店である。

通りを歩くと賑わった店内と同時にパッと目がいく深いブルーをした
イタリア磨き(漆喰抑え仕上げ)のカウンターを京の町屋独特の
奥に長い建物に沿って配置、壁や天井は京都の黒谷和紙で仕上げ、
柔らかい印象を持たせた。

立ち飲みゲストと料理人の間をカウンターが間仕切るだけのシンプルな
構成にすることで年齢、国籍問わず様々な客層を受け入れやすいようにした。

京都に住む人も、旅行客も、様々な人が集い、楽しむ場所となることを願う